安全の取り組み

当薬局では、さまざまな委員会を設けて安全で安心な医療の提供を心がけています。また、薬の調剤における人的ミスを防ぐための工夫や、薬を服用していただくときの服用間違い、服用忘れを減らせるような工夫や機器の導入にも取り組んでいます。
日々の調剤ミスについてはインシデント報告として集約し、調剤ミス防止対策の工夫に取り組んでいます。

○散薬の調剤

散薬の調剤では量りとった薬品名と量を監査できるように、散薬監査システムを採用しています。充填時の人的ミスを防ぐ対策としてダブルチェックを励行しています。

また、小児科ではアレルギーの患者さまに配慮し散薬分包機を大人用と区別することで、混入を予防しています。

分包機
分包機

監査システム
監査システム

散剤調剤後監査
散剤調剤後監査

一包化調剤と『おくすりカレンダー』

○一包化調剤と『おくすりカレンダー』

「薬が取り出しにくい」「薬の飲み方がややこしい」など困っておられる患者さまには、医師の指示などをうけ、一包化調剤を行っています。また、服用間違いや服用忘れに対する工夫として、必要とおもわれる場合に『おくすりカレンダー』にセットしてお渡ししています。看護・介護者にも服用が確認でき、安心です。

○お薬手帳をご利用下さい

お薬手帳は、患者さまの薬の記録帳としてお使いいただけます。

  • 複数の病院にかかる
  • 持病があり救急で病院にかかる

といった場合に、薬の重複・相互作用・アレルギーなどの情報が分かりやすくなります。
また、めったに病院にかからない方でも「あの時の薬」といった情報が記録されていると便利です。市販の薬を購入された時なども記録されることをお勧めします。
毎回薬局にお出し下さい。

薬剤師ブログ薬学生の部屋資料請求&薬局見学 申し込みフォーム