薬学生のための取り組み

当社では、薬学生のための現役薬剤師との学習や交流の場として、『薬学生のつどい』を開催しています。当社奨学生だけでなく近隣の薬学生の参加もあり、医師の講演やお楽しみイベントなど好評です。
また、薬学部カリキュラムの早期体験実習や薬局実務実習(2.5ヶ月)を受け入れさせて頂いており薬学生の育成に協力しています。その他に、数年前から自主的な薬局1日見学(院内薬局と調剤薬局を合わせたプログラム)も実施しています。
民医連主催では、医系学生交流会や薬学生セミナーなども開催されており、学び・交流できる場を提供しています。
興味のある方はなんでもお問い合わせください。

薬学生のための取り組み

薬学生のための取り組み

研修制度について

1. 新人研修

1年目

  • 1年間のプログラムに沿って調剤の基本から窓口対応、在宅訪問、薬品管理と薬剤師としての基本業務を習得します。研修担当者と相互チェックを行い、個人の習熟度に合わせてステップアップしていきます。
  • 薬局での研修以外にも他職場見学(放射線科、検査科など)や院内薬局研修(1週間)などがあります。
  • 兵庫民医連として、新入職員研修や新人薬剤師研修(卒後3年目まで)に参加します。

2年目

  • 院内薬局研修(半年間)
    病院薬剤師とともに病棟を担当し、注射業務や病棟活動など幅広い知識の習得を目指します。
  • 診療所対応薬局研修
    診療所スタッフと共にチーム医療を行い、医療人としてのスキルアップを目指します。

3年目

  • 慢性疾患のグループ活動への参加(糖尿病グループ、小児科グループなど)

2. 中堅研修

3年目以降

  • 新薬評価委員会や薬害グループなど県連の会議への参加
  • 近畿地協中堅薬剤師研修会に参加
  • 近畿地協管理薬剤師研修
  • 全日本トップ管理研修会

など

年に一度、兵庫民医連の薬剤師(病院薬剤師も含む)が全員集まり、症例検討会もおこなっています。
その他、日本薬剤師会を始めとする各種学術大会にも参加しています。

奨学生制度について

兵庫県民医連では卒後に兵庫県民医連内の事業所で働き、他職種・地域住民とともに、より良い医療を進めたいと考える薬学生を対象に、就学資金援助制度を設置しています。

兵庫県民医連 奨学金制度について

薬剤師ブログ 薬学生の部屋 資料請求&薬局見学 申し込みフォーム