各委員会

調剤や服薬指導などの通常業務だけでなく、各薬剤師が委員会やグループ活動に参加し患者様に薬を安全・安心に使っていただけるよう薬剤師としてレベルアップをはかっています。

○副作用モニター委員会

副作用を認識し報告することにより「同じ人に同じ副作用を起こさない」を第一の目標としています。その情報は「全日本民医連副作用モニター」に報告し、厚労省や企業にも報告しています。


※クリックで拡大

○新薬評価委員会

新薬を安全かつ適正に使う為、製薬企業の情報だけを鵜呑みにせず自分達で文献・資料を確認し安全性・有効性・経済性を評価検討しています。その情報は「全日本民医連新薬評価システム」に登録され各県連の情報を共有しています。

○薬害グループ

薬害エイズ、子宮頸癌ワクチンのような薬害を繰り返さないために、学習会、裁判傍聴や原告支援活動、街頭署名宣伝活動、市民集会や「薬害デー」の参加、機関誌「cosmos」の発行などの活動を行っています。

○DI委員会

新薬、副作用、相互作用等薬の情報を集約検討し、安全・情報の発信源としての役割を行っています。いろいろな職種にも共有するほうが良いと思われる内容を「DIニュース」として発行しています。

バックナンバー

○ニュース編集委員会

薬局の片隅に置いてある『ちょっとお耳を~薬局です!!』という冊子を作っている委員会です。
患者さまからの「これが知りたい!」というお声や、季節がら気をつけて欲しいこと・知っていると得だな!と思うことなどを記事にして、2カ月に一回(偶数月の上旬)に発行しています。患者さまの中にはすっかりファンになっていただき、毎回発行を楽しみに待って下さる方も多数おられます。
これからもどんどん"ためになる"情報を"わかりやすく"お届けしていきたいと思います!!

バックナンバー

薬剤師ブログ 薬学生の部屋 資料請求&薬局見学 申し込みフォーム